腸から健康なカラダをつくる!腸内フローラ.com 腸内環境に関するみなさんのギモンにお答えするサイト

お問い合わせ 検査予約
赤坂AAクリニック監修

腸内フローラとは

HOME»  腸内フローラとは

腸内フローラって何?

腸内フローラ=腸内に住む菌のこと

人間のカラダの中にはたくさんの菌が住み着いています。
中でも腸内に住んでいる「腸内細菌」は、個人差がありますが、種類は100種以上、個数は約100兆個におよぶと言われています。
この菌たちのことを総称して「腸内フローラ(腸内細菌叢)」といいます。

腸内フローラは1人1人違う

この「腸内フローラ」にいる細菌の種類や数は、人によって違うといわれています。
その人特有の「腸内フローラ」があり、ベストな状態も違えば、年齢や生活習慣・食生活・ストレスの状態などによっても変化していくのです。

なぜ
「フローラ」
なの?
腸内の菌は種類ごとに集団を作って生息しています。
その様子が種類ごとに群れを作って咲くお花畑(英語で「fiora(フローラ)」)に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

理想的な腸内フローラとは

腸内フローラを構成している菌の種類は様々ですが、大きく3つの種類にわけることができます。

  • >> 善玉菌・・・腸の運動を促進したり、カラダによい影響を与える菌
  • >> 悪玉菌・・・食べ物を腐敗させたり、悪臭や病気の原因になる菌
  • >> 日和見菌(ひよりみきん)・・・その時の腸内環境によって善玉・悪玉の優勢な方に味方する菌

これらの菌は【善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1】の状態で生息しているのが理想の状態だと言われています。

善玉菌

排便や栄養の吸収を助ける細菌

<代表的な菌>

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌群

日和見菌

状況により善玉・悪玉の優勢な方につく細菌

<代表的な菌>

  • バクテロイデス
  • プレボテラ

悪玉菌

腸内を腐敗させたり、
有害物をつくる細菌

<代表的な菌>

  • 大腸菌、連鎖球菌
  • クロストリジウム

2:7:1

ビフィズス菌の主な働き

  1. 病原菌の感染を防ぐ
  2. 腸内の腐敗を防ぐ
  3. ビタミンを作るB1,B2,B6,B12,K,ニコチン酸、葉酸
  4. 便秘と下痢と防ぐ
  5. 免疫力を高め
  6. 発癌物質を分解
  7. 有害物質を吸着し排泄
  8. 血中コレステロールを下げる

なぜ腸内フローラのバランスが崩れてしまうの?

生まれる前、母体の中にいるときには、赤ちゃんの腸の中は無菌状態です。
ですが生まれた瞬間にはもう、様々な菌が入り込みその人特有の腸内フローラが作られていきます。

なぜ腸内フローラのバランスが崩れてしまうの?

腸内フローラは生活の様々な要素によって左右されます。

  • >>毎日の食事が影響します。
    特に脂質やたんぱく質に偏った食事は腸内腐敗を来たして悪玉菌が優勢になります。
  • >>睡眠不足、ストレスや大量飲酒も大きな要因となります。
  • >>免疫力の低下によって腸内には日和見菌が優勢となり、
    日和見菌による膀胱炎や敗血症などを発症させます。
  • >>抗生物質、抗がん剤、頻繁の下剤などの使用。
  • >>加齢の影響も大きく、一般に60歳以降では善玉菌が極端に減少しています。

これらの、要因に心当たりある方は、積極的に善玉菌を回復されることが、健康に生きるためには必要になります。

加齢・老化は
腸内環境に
影響するの?
特に加齢・老化による善玉菌の減少は、食生活の改善だけではなかなか食い止めることができず、10代の若者などに比べ、中年以降の方の善玉菌の数は著しく少なくなるといわれています。

> 腸内フローラのバランスが崩れると、どうなるの?

お問い合わせ 検査予約 赤坂AAクリニック監修
最新セミナー情報アクセスメディア掲載
PAGE TOP